読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草橋青空市場

Microsoft Azure のニュースや情報を中心にあれこれと

waagentのアップデート

お久しぶりです。 Azure上のLinux仮想マシンで使う「waagent(Azure Linux Agent)」のアップデート手順を簡単にまとめてみました。v1仮想マシンのブート診断を有効にしようとしたらwaagentが古すぎたので軽く調べてみました。

CentOS(OpenLogic)前提です。

yumで更新する

Azure標準のイメージから作った仮想マシンであればこちらがお手軽ですね。/etc/yum.repos.d/OpenLogic.repo が追加されていれば大丈夫なはずです。 更新が若干遅いようで、いま試してみたら2世代前のバージョンがインストールされました。

sudo yum update WALinuxAgent

GitHubから取ってくる

公式のドキュメントに書いてある通りなのでこちらをどうぞ。

GitHub から Azure Linux エージェントを更新する | Microsoft Azure

gitで取ってくる

あれこれ考えず最新版が入るのでgitが使える/入れていい環境であればこれですかね。一応、gitを入れるところから。

sudo yum install git
git init
git clone https://github.com/Azure/WALinuxAgent.git
sudo python setup.py install
sudo chmod 755 /etc/init.d/waagent
sudo service waagent start

waagentって地味な割に意外と重要なので、時々アップデートしてあげてくださいね。