読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草橋青空市場

Microsoft Azure のニュースや情報を中心にあれこれと

Azure Cool Blob storage を触ってみました

Azure Cool Blob storage が GA しましたので、軽く触ってみました。

General availability: Azure Cool Blob storage

AWSの「Glacier」やGoogleの「Nearline」相当のサービスになるかと思います。 パフォーマンスが同じ、というのが特徴でしょうか。

(2016/07/15 追記) って書いたんですが、AWSGlacierというよりStandard-IAの方ですね:

ストレージクラス - Amazon S3 | AWS

特徴

  • 互換性: 100%同じAPI
  • パフォーマンス: レイテンシ、スループットとも同じ。
  • 可用性: Coolは99%、Hotは99.9% (RA-GRSは別)。
  • 既存ストレージアカウントからの移行は出来ない。
  • 対象はBLOBのみ。BLOBのみのストレージアカウントを新たに作る。
  • あらかじめHOT/COOLを指定して作ったストレージアカウントであれば、後から変更可能。
  • LRS,GRSなども後から変更可能。
  • 当然ですが、Premium Storage は対象外。
  • 今のところ、Azure Backup の保存先には選べないようです。

料金について

azure.microsoft.com

  • 容量当たりの単価は安い(東日本、100Tまでで約37%off)。
  • 割引率はLRS, GRS, RA-GRS ともほぼ同じ。
  • 容量が増えると割引率が低くなる(100Tまで 37% → 900TBまで 35% → 4,000TBまで 33%) f:id:yhara90:20160502115045p:plain
  • トランザクション課金はCOOLの方が高い(倍)。

作り方

  • 新規にストレージアカウントを作るのと同じ
  • Classic モデルでは作成出来ない。ARMのみ。
  • Account kind (アカウントの種類)から「Blob storage」を指定して作成。

用途によってはしばらく割高感のあったAzureのストレージでしたが、これでまた値頃感が出てきましたね。 Azure Backup が対応してくれると更に嬉しいところです。