読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草橋青空市場

Microsoft Azure のニュースや情報を中心にあれこれと

Azure仮想マシンのパブリックIPアドレスに独自の逆引きFQDNを設定する

Azureの仮想マシンなどに固定のIPアドレスを割り当て(予約)していて、独自の逆引きFQDNを設定したくなったので調べてみました。 ASMの場合はクラウドサービスに対して設定、ARMの場合はパブリックIPアドレスリソースの属性を設定、となるようです。

固定IPアドレスじゃなかったり、正引きが登録されていなかったりするとエラーになるかと思います。

サービスマネージャー(ASM)の場合はこちら。

# 逆引きを設定する
Set-AzureService -ServiceName [(クラウドサービスの)サービス名]  -ReverseDnsFqdn '[設定したいFQDN]'

# 逆引きを削除する
Set-AzureService -ServiceName [(クラウドサービスの)サービス名] -ReverseDnsFqdn ''

リソースマネージャー(ARM)の場合はこんな感じです。

# 逆引きを設定する
$pip = Get-AzureRmPublicIpAddress -Name [パブリックIPアドレス名] -ResourceGroupName [リソースグループ名]
$pip.DnsSettings.ReverseFqdn = '[設定したいFQDN].'
Set-AzureRmPublicIpAddress -PublicIpAddress $pip

# 逆引きを削除する
$pip = Get-AzureRmPublicIpAddress -Name [パブリックIPアドレス名] -ResourceGroupName [リソースグループ名]
$pip.DnsSettings.ReverseFqdn = ''
Set-AzureRmPublicIpAddress -PublicIpAddress $pip

ARMの場合、Azure Resource Explorer から publicIpAddresses リソースを直接書き換えても構わないとは思いますが未検証です。

何か問題があると以下のようなエラーが出ますので、いろいろと見直してみて下さい。

ReverseFqdn [FQDN名] that PublicIPAddress [IPアドレス名] is trying to use does not belong to subscription [サブスクリプションID].
One of the following conditions need to be met to establish ownership:

1) ReverseFqdn matches fqdn of any public ip resource under the subscription;
2) ReverseFqdn resolves to the fqdn (through CName records chain) of any public ip resource under the subcription;
3) It resolves to the ip address (through CName and A records chain) of a static public ip resource under the subscription.