読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草橋青空市場

Microsoft Azure のニュースや情報を中心にあれこれと

Azureの東日本から近い海外リージョンは?

「Azureの日本リージョンに何かあったときに東アジアに逃がす」という話の流れから、「香港より韓国の方が近いのでは?」という指摘を見かけたので実測してみました。

各リージョンにCentOSVMを立てて、東日本のVMからnpingを100回ずつ飛ばしました。

sudo nping --tcp -c 100 -p 22 (宛先IPアドレス)

▼結果

東日本(japaneast)
Max rtt: 9.026ms | Min rtt: 0.629ms | Avg rtt: 1.179ms

西日本(japanwest)
Max rtt: 15.846ms | Min rtt: 8.869ms | Avg rtt: 9.298ms

東アジア(eastasia)
Max rtt: 55.422ms | Min rtt: 51.305ms | Avg rtt: 51.707ms

韓国中部(koreacentral)
Max rtt: 36.775ms | Min rtt: 34.438ms | Avg rtt: 34.722ms

韓国南部(koreasouth)
Max rtt: 44.547ms | Min rtt: 40.182ms | Avg rtt: 40.558ms

ということで、今のところ韓国中部(koreacentral)が近いようです。

(追記)

VM消す前に /proc/cpuinfo を見てみたら、韓国リージョンの方がCPUがちょっと新しくて早いようです。やっぱり新しいDCいいですね。

Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2673 v3 @ 2.40GHz

東日本、西日本、東アジアはこんな感じ。

Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2660 0 @ 2.20GHz