読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草橋青空市場

Microsoft Azure のニュースや情報を中心にあれこれと

Azure上のLinux仮想マシンのパスワードをリセットする

Azure

表題の通りなのですが、新ポータルから操作するとにょろにょろしたまま進まなくなってしまったので、PowerShellでやってみました(DSシリーズのVMだったので旧ポータルからは操作できず)。

 

$vm = Get-AzureVM -ServiceName "クラウドサービス名" -Name "仮想マシン名"
$UserName = "リセットしたいユーザー名"
$Password = "新しいパスワード"
$PrivateConfig = '{"username":"' + $UserName + '", "password": "' + $Password + '"}'
$ExtensionName = "VMAccessForLinux"
$Publisher = "Microsoft.OSTCExtensions"
$Version = "1.*"
Set-AzureVMExtension -ExtensionName $ExtensionName -VM $vm -Publisher $Publisher -Version $Version -PrivateConfiguration $PrivateConfig | Update-AzureVM

 

Add-AzureAccount とか Select-AzureSubscription は済ませてある前提です。

実行後、仮想マシンが再起動されます。

 

スクリプトの元ネタはこちらです。

azure.microsoft.com

 

 

 

それにしても、新ポータルは何をするにもお祈りが必要というか、操作に失敗したり処理の経過が行方不明になったりと不安定になることが多く、何とかしていただきたいところです。

動作が遅いのと動いているかどうかわからないというのもつらいところで、ちょっとコンテナの中身を見たいだけでも分単位で時間がかかったりブレードを何度も開きなおさなければならなかったりしてストレスがたまります。

 

このあたりがARMになったら改善されるのかというと、PowerShellから操作した時のレスポンスはよいのですが、Azure Resource Explorer の挙動を見ているとまだ不安が残るところではあります。

良いGUIサードパーティーが提供してね、ってスタンスなんですかねぇ。