浅草橋青空市場

Microsoft Azure のニュースや情報を中心にあれこれと

AzureのサービスプリンシパルをCLI2.0から発行する

AzureをTerraformやAnsibleから制御したかったり、Azure Container Services から Kubernetes のクラスをデプロイするときなんかに必要となるのが「サービスプリンシパル」。 言葉が分かりづらいですが、SaaSでよくある「アプリケーションパスワード」みたいなものですね。

以前はこれの発行がわりと面倒だったのですが、Azure CLI 2.0 になって劇的に楽になりました。 Azure Cloud Shell から実行する前提で、ログイン等は省略してあります。

サービスプリンシパルの発行(CLI2.0対応版)

az account set --subscription "[サブスクリプションID]"
az ad sp create-for-rbac --name "[アプリケーション名]" --role Contributor

これだけです。

(追記: 2017/06/02)

「–role」オプションでRBACベースのロールを指定します。
例では、Ansible等を想定してリソースの読み書きなどが可能な「Contributor(=共同作業者)」としてありますが、こちらを参考に適切なロールを指定して下さい。情報の取得のみであれば「Reader」あたりでも間に合いますね。

docs.microsoft.com

(追記以上)

こんな感じのレスポンスが返ってきます。パスワードはあとから照会できませんので控えておきましょう。 パスワード以外の項目は、ポータルの「Azure Active Directory → アプリの登録」から確認できます。

{
    "appId": "[アプリケーションID]",
    "displayName": "[表示名]",
    "name": "[アプリケーションID/URI]",
    "password": "[パスワード]",
    "tenant": "[テナントID]"
}

発行したサービスプリンシパルCLIからログインしてみる

az login --service-principal --username "[アプリケーションID/URI]" --password "[パスワード]" --tenant "[テナントID]"

公式のドキュメントはこちらからどうぞ。

docs.microsoft.com

(追記: 2017/06/01)

パスワードが分からなくなった場合は、ポータルからキーを新たに発行すれば良さそうです。 手順はこのあたりから。

docs.microsoft.com

複数のサブスクリプションを同じディレクトリ上で運用している場合、カレントのサブスクリプションにIAM(RBAC)権限が付与されるようです。思ったのと違うところに権限が付いた場合は、ポータル等から変更しておきましょう。

そもそもサービスプリンシパルって何?という説明はこちらの公式ドキュメントをどうぞ。

docs.microsoft.com